Menu

SCG122SN

Home > 製品情報 > ニットマシン > SCG122SN

コンピュータ横編機

SCG122SN

SCG122SN

理想的なコースゲージ専用横編機

SHIMA SEIKIは、長年にわたり専門的な技術によって、理想的なアプリケーションに最適な機械を世界のニット業界に販売してきました。さらにこれまでの伝統に基づき、新しいコースゲージマシンの3ゲージ及び4ゲージを開発しました。スピード、効率性と一貫した品質、市場の需要などの優先順位に加えて、伝統的な手編みのローゲージニットは、ファブリックの質感と組織が重要です。SHIMA SEIKI独自のスライドニードルを搭載したSCG122SN 3ゲージでは、手編みの2ゲージ風合いのニットを編成することができます。

スライドニードル

スライドニードル

スライダーで目移しをおこなうことにより、今まで目移しに使われていたトランスファークリップが不要となり、針を溝の中心に配置することが可能になりました。そのためスライドニードルは、左右対称のループをつくり、高品質できれいな編み地を編成します。当社のホールガーメント横編機のMACH2XやFIRSTへの搭載で実績のあるスライドニードルを採用することで今までにない製品づくりを可能にします。

R2CARRIAGEシステム

SCG122SNにはR2CARRIAGE(R2=Rapid Response)システムが搭載されました。キャリッジの機構全体の見直しをおこなうことにより、各コース編成後のキャリッジの反転速度が上がったことで生産性も向上しました。特定の編み幅の場合、従来のキャリッジは減速域とキャリッジリターンに必要なスペース(B)が大きいため、実際に設定速度で編成できる部分(A)は思ったよりも狭くなります。一方、小型・軽量キャリッジでは、編成コース毎のキャリッジの反転に必要となるスペースが少なく済み、設定速度で編成する部分が拡がります。それにより生産性の向上が得られます。

デジタルニットを実現するDSCS

デジタルニットを実現するDSCS

SCG122SNにはDSCS(デジタルステッチコントロールシステム)が標準装備されています。DSCSは世界で初めてのデジタル給糸装置で、30年以上もの間、実地経験を積み重ねてきた唯一のシステムです。設定されたループ長をもとに、給糸量を測定しながら度目を制御し、製品の乱寸誤差を±1%以内に抑えることが可能です。従来の編み機は度目制御をしていないため、湿度や糸コーンの大小、染色、糸の張力などにより編み地丈や幅が不安定要素になっていました。DSCSを使用して得られる均一な品質により成型やインテグラルガーメントにおいて最も重要な型紙通りの編成が可能になります。またサンプルを作成した時点で一着分の原糸の使用量が確定しますので、正確な発注予測と管理ができ、リピートオーダーや別口の発注についてはオーダー間で均一した品質を保持できます。

振り幅の大きいダブルラッキング装置

振り幅の大きいダブルラッキング装置

SCG122SNでは、従来の後部ニードルベッドのラッキングに加え、前部ニードルベッドのラッキングも可能になり、編み機のサイズは省スペースのままに、振り幅が大幅に増えました。これにより、10本のケーブル編みや多段振りを駆使した斬新な柄づくりも容易におこなうことができます。

よりユーザーフレンドリーなニットマシン

よりユーザーフレンドリーなニットマシン

USBインターフェースを操作画面の真下に配置することでデータの読込みや保存などが容易になりました。Shima Network Solutionsで生産データ管理をおこなう際、使用するネットワークコネクタを機械本体の側面に装備することで、簡単に接続し利用できます。また、生地受けを機械本体に内蔵することで、スペースを有効に利用することができるようになりました。停電バックアップ装置が装備され、停電が起こった場合でも、復帰後にそのまま編成が続行可能となります。停電により、編成途中の製品が不良品になるのを防ぐので安心して作業をおこなっていただけます。

SCG122SNについてのご質問、購入のご相談、カタログ請求はこちらからお問合せください。

ページの先頭へ戻る