Menu

MACH2SIR

Home > 製品情報 > ニットマシン > MACH2SIR

コンピュータ横編機

MACH2SIR

MACH2SIR

究極のインターシャ編成技術

SHIMA SEIKIのMACH2SIRは、インターシャ編み機の新基準として開発されました。MACH2SIR はその名が示すように、スピードと効率性を兼ね備えています。秒速1.4mの最高編成速度を実現し、R2CARRIAGEシステムにより各コース編成後のキャリッジの反転速度が向上しました。最大40個のキャリアの編成が可能になり、インターシャの編成効率が画期的に向上しました。また、従来から技術的な功績のある島精機製作所オリジナルのDSCS(デジタルステッチコントロールシステム)、スプリング式フルシンカーシステム、ステッチプレッサー、ヤーングリッパーとヤーンカッター、巻下げ装置などを装備しました。メイド・イン・ジャパンの品質と信頼性、生産性、使いやすさやコストパフォーマンスをブレンドしたMACH2SIRは、世界のアパレル業界の大きな期待を実現しました。

インターシャキャリア

インターシャキャリア

MACH2SIRシリーズのインターシャキャリアは、最大40個もの装着が可能です。従来に比べコンパクトな設計で、一定の編幅でより多くのキャリアを装着でき、それに伴い1コースで編成可能な色数も増えました。また、改良されたインターシャ装置では運転音量が従来の約3分の1程度と静音になりました。

インターシャの新基準

インターシャデザインとプログラミング

SHIMA SEIKIのアパレルデザインデザインシステムSDS-ONE APEX3の新しいインターシャキャリア自動割り付けソフトに連動することで、最大40個のキャリアで編成可能となり、生産のリードタイムが劇的に短縮しました。さらに従来機に比べ、キャリアの自由度が向上したことで、より繊細な柄の表現が可能となり、アーガイルのダイヤ柄の幅が従来の6インチに対し、半分の3インチでも効率よく編成することができます。オプションのi-DSCS+DTCとエアスプライサーの使用により、給糸張力を電子制御することで、機械間、異なるロット間やリピートオーダーの場合に一貫した品質を保ち、多色使いのインターシャ製品の編成に貢献します。

R2CARRIAGE

MACH2SIRにはR2CARRIAGE(R2=Rapid Response)システムが搭載されました。キャリッジの機構全体の見直しをおこなうことにより、各コース編成後のキャリッジの反転速度が上がったことで生産性も向上しました。特定の編み幅の場合、従来のキャリッジは減速域とキャリッジリターンに必要なスペース(B)が大きいため、実際に設定速度で編成できる部分(A)は思ったよりも狭くなります。一方、小型・軽量キャリッジでは、編成コース毎のキャリッジの反転に必要となるスペースが少なく済み、設定速度で編成する部分が拡がります。それにより生産性の向上が得られます。

WIDEGAUGE ニッティング

WIDEGAUGE ニッティング

MACH2SIR123SVでは、WideGauge(ワイドゲージ)編成に対応しています。WideGauge専用のニードルを搭載することにより、編み目の細かいハイゲージから針抜きによる粗めのローゲージまで、編み機一台で幅広いゲージ範囲に対応しています。ゲージ別の複数台の編み機の投資や複雑なゲージコンバージョンを必要とせず、シーズンやトレンドの変化にも容易に対応できます。

DSCS

DSCS

デジタルステッチコントロールシステムDSCSは、世界で初めてのデジタル給糸制御装置です。DSCSは、入力されたループ長をもとに、給糸量を測定しながら度目を制御し、製品の乱寸誤差を±1%以内に抑えることが可能です。DSCSを使用することで、製品の品質管理に貢献します。

スプリング式可動シンカー

スプリング式可動シンカー

スプリング式の可動型シンカーは、ループに無理な力を与えず、編み目に優しく理想的な状態でループを保持することができます。これにより、立体柄のような複雑な編地でも高品質な風合いを編成することが可能です。

ステッチプレッサー

ステッチプレッサー

特殊モータードライブ方式のステッチプレッサー装置は、編成方向に関わらず、ニット時や目移し時に編地を一定に押さえることが出来ます。編み目を優しく保持することで、ループを均一に保ち、品質の高い成型が可能です。

糸くず吸引装置

糸くず吸引装置

MACH2SIRには、グリッパー部に糸くずを適時に吸い取ることができる『糸くず吸引装置』を装備しています。

よりユーザーフレンドリーなニットマシン

よりユーザーフレンドリーなニットマシン

USBインターフェースを操作画面の真下に位置することでデータの読込みや保存などが容易になりました。Shima Network Solutionsで生産データ管理をおこなう際、使用するネットワークコネクタを機械本体の側面に装備することで、簡単に接続し利用できます。また、生地受けを機械本体に内蔵することで、スペースを有効に利用することができるようになりました。

MACH2SIRについてのご質問、購入のご相談、カタログ請求はこちらからお問合せください。

ページの先頭へ戻る