HOME > IR情報 > リスク情報

文字サイズの変更

 

決算・経営情報 リスク情報

 当社グループは、事業展開においてリスク要因となり、経営成績、財政状態に影響を及ぼす可能性があると考えられる主な項目を以下の通り認識しています。
 当社グループではこれらのリスクの発生可能性を認識した上で、その発生の回避および発生時の適切な対応に努めております。なお、記載内容のうち将来に関する事項は、2016年3月末現在において当社グループが判断したものであります。

(1)特定の海外市場への依存

 当社グループの海外売上比率は85%前後で推移しており、なかでもバングラデシュや中国さらにASEAN諸国などを合わせたアジア市場での売上高は2分の1を超える水準にあります。当市場における他社横編機メーカーとの競合、金融政策、税制の変更、他地域との貿易摩擦などの経済および政治状況等の変化が受注減につながる懸念があり、当社グループの業績および財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

(2)為替レートの変動

 当社グループは全世界に製品を販売しており、取引においては円貨以外に外国通貨建で行われております。このため先物為替予約取引等によりリスクヘッジを行っておりますが、円高による外貨建債権の評価損の発生や価格競争力の低下により計画した販売活動を確実に実行できない場合があるため、急激な為替レートの変動は当社グループの業績および財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

(3)与信および売上債権の回収リスク

 世界販売戦略の中で主要マーケットである中国および欧州市場においては当社グループが直接、ユーザーに対する適正な与信管理を行い、債権の回収リスクと販売のバランスを図りながら総合的な海外営業戦略を実施しております。一方で、連結経営における的確な与信対応の重要性が一層高まり、ユーザーの業績や信用状態の変動およびカントリーリスクの顕在化が、当社グループの業績および財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

(4)知的財産保護戦略の課題

 当社グループが持つ独自の技術とノウハウの一部は、特定の国、地域においては法令遵守意識の欠如等により知的財産権による完全な保護が不可能または限定的にしか保護されない状況にあります。そのため第三者が当社グループの知的財産権を違法に使用して模倣製品を製造する行為を、効果的に防止できない可能性があり、それに伴う売上シェアの低下や価格競争を引き起こすことで当社グループの業績および財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

(5)生産拠点の一極集中

 当社は製品を本社のある和歌山県で集中的に生産し、開発から製造までの一貫体制を敷くことで効率化を図っております。このため、和歌山県近郊で大規模な地震災害等が発生した場合、製造ラインの操業が長期間停止する可能性があります。また、電力供給が安定的に受けられない事態が発生した場合には、計画通りに生産が行えず、当社グループの業績および財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

(6)事業展開地域での社会的な制度変更等の影響

 当社グループは日本国内はもとより、全世界にわたり事業を展開しております。これらの地域においては、以下のようなリスクが内在しており、これらの事象の発生は当社グループの業績および財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

  1. 経済状況の悪化による需要の低迷
  2. 予期しない法律または規制の変更
  3. テロ、戦争、政変、治安の悪化その他の要因による社会的混乱
  4. 地震等の天変地異

(7)衣料消費の動向や天候不順等による影響

 当社グループの製品の主要な販売先は国内外のアパレルやニットメーカーであり、百貨店や量販店などの店頭での売上は、衣料に対する個人の消費マインドやトレンドの変化に左右される傾向があります。また猛暑、暖冬、風水害などの天候不順が衣料における市場動向を決定する大きな要因の一つであり、当社グループの業績および財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

HOME製品情報サポート会社情報拠点情報採用情報お問合せプライバシー・ポリシーご利用条件サイトマップIR情報 ]