HOME > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

文字サイズの変更

 

ディスクロージャー・ポリシー

1. 基本方針

 当社は、金融商品取引法および上場証券取引所の定める法令・規則を遵守した情報開示を、すべてのステークホルダーズに対し公平に、タイムリー、定期的、継続的に実施します。

2. 情報開示の基準

 当社は、以下の会社情報を公表すべき重要情報と位置付けています。

a. 金融商品取引法および上場証券取引所適時開示規則等により開示が要請される情報

b. 上記に該当しないが、投資家の投資判断に影響を与えると思われる情報

3. 情報開示の方法

 適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示電子情報システム(TDnet)にて公開するとともに、発表後は速やかに当社ホームページへも情報を掲載します。

 ただしシステムの準備の都合上、これら情報の当社ホームページへの掲載が遅れることもあります。

 適時開示規則に該当しない情報については、適時開示の趣旨を踏まえて、適切な方法により正確かつ公正に当該情報を株主および投資家に伝達する方針です。

4. スポークスパーソン

 当社のIRに関するスポークスパーソンは、社長、経理担当取締役、情報開示責任者、IR担当者としており、スポークスパーソン以外の役員および従業員がIR情報を提供することはありません。

5. 沈黙期間

 当社は決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、各四半期決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、決算に関するコメント、ご質問への回答は差控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中であっても、業績予想を大きく乖離することが見込まれる場合は、適宜、情報の開示を行ないます。

6. ディスクロージャー・ポリシーの遵守

 当社はスポークスパーソンのみならず、従業員全員に本ディスクロージャー・ポリシーを徹底し遵守いたします。また当社連結子会社においても本ディスクロージャー・ポリシーを適用し、グループ企業全体として徹底し遵守いたします。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

HOME製品情報サポート会社情報拠点情報採用情報お問合せプライバシー・ポリシーご利用条件サイトマップIR情報 ]