SHIMA SEIKI 島精機製作所

ニュースリリース

2022年9月 7日 プレス SDS

SHIMA SEIKIとKDDI、 衣服の3DデザインがXRと連携、アパレル向け販促パッケージ提供

~現物サンプルなしで360度確認可能なデジタルカタログやVRショールーム、新たな顧客体験を実現~


弊社は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)と2022年9月7日、SHIMA SEIKIのアパレル業界向けデザインソフトウェア<APEXFiz>とKDDIのXR(クロスリアリティ)技術を連携させた販促パッケージ<XRマネキン for APEXFiz>(以下 本ソリューション)の提供を開始します。
本ソリューションは、アパレル業界向けに提供をおこないます。さまざまなデバイスで商品イメージを360度から確認できるXRマネキンを活用し、APEXFizで企画・デザインした衣服の3D・画像データ(以下 バーチャルサンプル)を用いたデジタルカタログや360度VRショールーム、店舗のデジタル拡張が可能になります。また、展示会などでのバーチャル提案、在庫なしショールーム型店舗の展開やECサイトでの便利な購買体験などを実現します。店頭の余剰在庫削減や新たな販売機会の創出につなげることも可能です。

さらに今後、バーチャルサンプルを着たモデルにモーションを付けクラウド上でレンダリング(注1)することで、高精細なバーチャルファッションショーをお客様のスマートフォンなどを通して目の前で開催することができるようになります。

島精機とKDDIが連携
<XRマネキン for APEXFiz/デジタルカタログ>


XRマネキン for APEXFiz イメージ動画

なお、本ソリューションは、2022年9月1日から開催中のSHIMA SEIKI 60周年記念イベントにて体験いただけます。



1. 背景・狙い
· これまでのアパレル業界では、商品の企画、デザインの段階において多くの実物サンプルを制作していました。これには多大な時間とコストがかかるだけでなく、生地などの原料の無駄も大量に発生し、廃棄処分をおこなう場合があります。また、販売の段階においても、店頭では、お客様のニーズに応えるためさまざまなサイズ・色の在庫を取り揃えており、余剰在庫が発生するケースがあります。
· SHIMA SEIKIのAPEXFizは、実物サンプルを作らずにデザイン検討ができます。サンプル制作時に消費される資源とリードタイムを最小限に抑えることができ、環境に配慮したモノづくりが可能です。
· KDDIは2022年5月に、Google Cloud協力のもとアパレル販売向け高精細XRマネキンを開発しました(注2)。これにより、店舗サイネージやスマートフォンなどのさまざまなデバイスで、商品を360度好きな角度から確認可能となるため、店頭在庫を置くことなく販売することができます。
· SHIMA SEIKIとKDDIはAPEXFizとXRマネキンを組み合わせ、XRマネキン for APEXFizの提供を開始します。これにより、アパレル業界における製品の企画デザインからサンプル試作、生産・流通、販売といったサプライチェーンを一気通貫したDXソリューションを提供します。
SHIMA SEIKIとKDDIは、余剰在庫削減によるサステナブルな社会の実現と、お客様が安心して商品を購入できる体験との両立を目指し、今後も両社のプロダクトを連携させたサービスを共創していきます。



2. 本ソリューションの特徴 · APEXFizで製品企画・デザインしたバーチャルサンプルを、KDDIのXRマネキンを活用して配信することで、お客様が製品を360度好きな角度から立体的に確認できるようになります。
· これにより、店舗でのARや製品コンセプトに合った空間のVRで製品の情報や世界観を伝えることができるようになり、販売促進につながります。製品ごとにECサイトのリンクを貼ることもできるので、購入への導線もつくることが可能です。
· さらにAPEXFizで企画したデータは、ホールガーメント横編機(注3)などで生産するためのデータに変換できるため、XRマネキンを活用したニットウェアの受注やオンデマンド生産も可能となり、資源の無駄を最小限に抑えた生産で環境への負担を軽減します。

島精機とKDDIが連携
<APEXFizとXRマネキン for APEXFizの連携ワークフロー>


3. 本ソリューションのユースケース

1) デジタルカタログ
リアルなバーチャルサンプルを使用するため、現物製品が無くともデジタルカタログを作成することができます。店頭に在庫を持たずして来店者への商品提案が可能になるほか、ECや決済システムに連携することで、販売促進ツールとして運用できます。
デジタルカタログは、MasterVisions株式会社が提供する自由視点映像の配信プラットフォームを使用しています。
島精機とKDDIが連携

2) 360度VRショールーム
au XR DoorのWEB版を活用し、バーチャルサンプルをコンセプトに合ったVR空間で360度見られるように展示できます。現実では展示が難しいような場所でもデジタルなので自由に展示でき、お客様はいつでもどこでも鑑賞できます。
デモ体験:https://www.xrdoor.xreality.au.com/shop/shimaseiki/vr-knit_jp/
※au XR DoorとはKDDIが提供するスマートフォン向けサービスで、画面上に現れるARドアを開けるとさまざまなVR空間が楽しめます。
島精機とKDDIが連携

3) 店舗のデジタル拡張
来店者がお手持ちのスマートフォンを店舗内でかざすと、カメラが風景を認識し、特定の場所にコンテンツや情報を表示できるため、デジタル空間を活用して店舗拡張が可能です。来店できない方に対しては、自宅などでも店舗の360度VR空間を表示することで、現地と同じような体験ができます。これにより海外や遠隔地の方にも店舗の魅力を伝えることができ、集客に繋げることが可能です。
デモ体験:https://www.xrdoor.xreality.au.com/shop/shimaseiki/60th_jp/
島精機とKDDIが連携
※今後展開予定のユースケース(開発中)

4) スマートグラスによるバーチャル展示
スマートグラス<NrealLight>をかけると目の前の光景にバーチャルサンプルが立体的に投影され、360度から回り込んで見ることができます。これにより現物なしで場所をとらないバーチャル展示を実施できます。
※Nreal LightとはKDDIがNreal社と共同開発したスマートグラスです。
島精機とKDDIが連携

5) バーチャルヒューマンを活用した製品PR・店舗活性化
<au VISION STUDIO>が企画・開発したバーチャルヒューマン<coh>にバーチャルサンプルを着せたXRマネキンを製品PRや店舗活性化に繋げることができます。画像のcohはホールガーメント横編機によるニットドレスを着ています。
島精機とKDDIが連携

6) クラウドレンダリングによる高精細なバーチャルサンプルの確認
Google CloudのImmersive Stream for XRを活用します。従来のXRコンテンツ制作で労力がかかっていたデータの軽量化作業をせずに、バーチャルサンプルをそのままコンテンツ管理
島精機とKDDIが連携
システムに登録するだけで、端末の性能に左右されずに高精細なモデルをVRやARで配信できます。

7) バーチャルファッションショー
バーチャルサンプルを着たモデルにモーションを付け、背景空間や凝った演出を加えたバーチャルファッションショーをImmersive Stream for XRで配信することで、お客様はVRやARで高精細なショーを360度好きな角度からインタラクティブに体験できるようになります。
島精機とKDDIが連携 島精機とKDDIが連携



4. XRマネキンfor APEXFizお問い合わせ窓口
https://www.shimaseiki.co.jp/xr-mannequin/inquiry



参考)
· APEXFizについて
SHIMA SEIKIが開発するデザインソフトのサブスクリプションサービスです。ファッション・アパレルをはじめとしたさまざまな業界で、製品の企画デザインからバーチャルサンプリング、生産への連結、EC用の画像生成などで活用されています。KDDIのXRプロダクトとの連携は、機種によってはSDS®-ONE APEXシリーズでも可能です。
APEXFiz製品情報ページ:https://www.shimaseiki.co.jp/product/design/software/

· SHIMA SEIKI 60周年イベントについて
SHIMA SEIKIでは、2022年9月1日から2022年11月30日まで、創立60周年のイベントを開催しています。和歌山本社での特別展示では、アパレル企業や生産者などのサプライチェーン向けに、KDDIのXRプロダクトの展示、体験会もおこなっています(新型コロナウイルス感染症対策のため予約制)。
また、特設サイトを2022年9月1日から開設し、XRプロダクトの一部をオンラインでも体験いただけます。
APEXFiz製品情報ページ:https://www.shimaseiki.co.jp/60th/

· KDDIのアパレルDXの取り組み
KDDIのクリエイティブチームau VISION STUDIOは2021年から、アパレル業界における商品の企画、デザイン時のサンプル制作をDX化することで、サンプルレスで資源の無駄がないサステナブルなモノづくりを支援する取り組みを実施しています(注4)。

· au VISION STUDIO(https://au5g.jp/visionstudio/)について
今後の社会において実現させたいことを5つの取り組みとして掲げ、5GやXRなどの先端テクノロジーとアイデアに加え、これまでKDDIが取り組んできた知見をもとに、先進的な体験の企画、制作、社会実装に至るまでを1つのチームとして担います。

(注1)
コンピュータプログラムで映像を生成すること。

(注2)
2022年5月18日 KDDIニュースリリース
アパレル向け、マルチデバイスの高精細XRマネキンを開発
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2022/05/18/6077.html

(注3)
SHIMA SEIKIが開発・販売する、ニットウェア生産用の工業用編機で、一着まるごと立体的に編み上げることができるため、製品に縫い目がない、原料を無駄にしないなど、人にも地球にもやさしいサステナブルな生産が実現できます。

(注4)
2021年9月10日 KDDI、KDDI総合研究所 トピックス
5G、バーチャルヒューマンなどを活用したアパレル業界のDXを支援する取り組みを開始
~商品の企画・デザイン時のサンプル制作をバーチャル化~
https://news.kddi.com/kddi/corporate/topic/2021/09/10/5401.html

※Google CloudはGoogle LLC の商標です。
※その他会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。



<問い合わせ先>
営業統括部 加藤 TEL:073-474-8200
トータルデザインセンター 烏野 TEL:073-474-8580





TOP>ニュースリリース> プレス SDS >SHIMA SEIKIとKDDI、 衣服の3DデザインがXRと連携、アパレル向け販促パッケージ提供

TOP