SHIMA SEIKI 島精機製作所

ニュースリリース

2019年9月10日 プレス APEX

56th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)」出展のご案内

弊社は、9月18日(水)・19日(木)の2日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「56th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)」に出展します。当展では、リニューアルによりランニングコストが低減した一枚裁ち自動裁断機(NC裁断機)<P-CAM160>をご覧いただけます。また、高効率・高生産性・高品質を実現した積層式自動裁断機(NC裁断機)<P-CAM182>と、ラベリング装置付きの自動延反機<P-SPR2L>を連動させることで、延反からラベリング、裁断そしてピックアップまでの一連の流れを一元化する『Shima Cutting Solutions』を実演します。またNew PGMアパレルCADソフトウェアを搭載した3Dデザインシステムの新機種<SDS-ONE APEX4>、コンパクトで省スペース・省電力のホールガーメント横編機<MACH2XS103>、製品プリントに適したフラットベッドタイプのインクジェットプリンティングマシン<SIP-160F3>を出展いたします。さらに最新のホールガーメントサステイナブルデニムサンプルをはじめとしたニットサンプルを多数展示致します。各々の出展機種の概要は以下の通りです。



P-CAM160(一枚裁ち自動裁断機/NC裁断機)(参考出展)



小ロットで短納期の生産に大きな威力を発揮する自動裁断機(NC裁断機)の最新機種です。素材の固定力がアップしたことで、裁断時に密閉ビニール無しでの裁断が可能となり*、ランニングコストが低減しました。また、細かなパーツの裁断用にオプションで振動刃カッターも搭載できるようになり、対応の幅が拡がりました。さらに、柄合わせ機能が大幅パワーアップし、カメラを使用した複数パーツの完全柄合わせを実現しています。裁断におけるハードウェア・ソフトウェア全般の見直しにより裁断精度も向上しています。
*素材や各種条件により異なります。



P-CAM182 (積層式自動裁断機 / NC裁断機) 



コストパフォーマンスに優れた積層式自動裁断機(NC裁断機)です。裁断可能な積層生地厚は55mm に対応。また、ターボファンを搭載し、空気圧の変動を最小限に抑えることで、積層生地を安定して吸引し、今まで以上に高い精度で厚物素材を裁断できるようになりました。さらに、ヘッド周りの強化やソフトウェアの一新で、より安定した裁断を実現しています。



P-SPR2L(+ラベリングオプション)(自動延反機+ラベリングオプション)



反物状態の生地を必要な長さにカットし、指定された枚数に重ねる自動延反機です。丸刃自動研磨、耳揃え機構などの機能を備え、生地を最適な状態で延反することが可能。さらに新開発のレイアップ機能により、後工程の裁断の安定性がより向上します。またラベリングオプションにより、各パーツにラベルを貼り付け、スムーズなピックアップに繋がります。



SDS-ONE APEX4(3Dデザインシステム) NEW



企画・デザインから生産・販売までのモノづくり全般をサポートする“All in One”の3Dデザインシステムの最新機種です。New PGMアパレルCADソフトウェアでは、メニューを整理し、操作ステップをシンプルにすることで操作方法を一新。従来のソフトウェアから作業効率が当社比40%アップしました。3Dシミュレーションを使用したトワルチェックにも対応。歩留まり率のアップを実現した独自の自動マーキングソフトウェア『AutoMarking Premium』では、要布量計算ソフトウェア(山崩し計算)との組み合わせにより高効率な延反用尺を計算できます。弊社の自動裁断機P-CAMシリーズとの連動により、型紙設計から裁断までスムーズな生産の流れを提供します。またニットプログラミングやシミュレーションは、最大6 倍(当社比)の処理速度を実現しました。



MACH2XS103(ホールガーメント横編機)



スライドニードルを搭載した4枚のニードルベッドを採用し、高品質なホールガーメントの総針編成を実現したホールガーメント横編機です。コンパクトで省スペース・省電力のため、小売店でも導入可能で、顧客ひとりひとりの要望に応じた商品をお届けできます。さらに捨て編みゼロを実現する2枚編み出し装置により、サステイナブルなモノづくりにも貢献します。



SIP-160F3(インクジェットプリンティングマシン)



製品プリントに適したフラットベッドタイプで、超高速で高精細なフルカラープリントが可能な、高品質と高付加価値のオンデマンド・プリンティングマシンです。製版を必要としない最新のピエゾ型インクジェット方式を採用することにより、少量生産に対応。昇降式のキャリッジにより、プリントする生地や製品の厚みに応じて調節できます。インクは、反応染料、酸性染料、そして顔料の使用が可能。当展では、濃色ボディへのプリントも可能な白顔料インク仕様のショートタイプを出展します。




1. 日時
2019年9月18日(水)・19日(木)
午前10時から午後5時


2. 場所
東京ビッグサイト 西3ホール
住所:東京都江東区有明3-11-1
TEL:03-5530-1111


3. 主催
東京都ミシン商工業協同組合
TEL:03-3831-6961


4. ブースNo.
L-23


5. 展示内容
P-CAM160(一枚裁ち自動裁断機/NC裁断機)(参考出展)
P-CAM182(積層式自動裁断機/NC裁断機)
P-SPR2L(自動延反機+ラベリングオプション)
SDS-ONE APEX4(3Dデザインシステム)(新機種)
MACH2XS103(ホールガーメント横編機)
SIP-160F3S(インクジェットプリンティングマシン)
ホールガーメントほかニットサンプル


<問い合わせ先>
営業統括部 山本 TEL:073-474-8239
西日本支店 露久志 TEL:06-6344-0511

ご自身のGoogleカレンダーに展示会スケジュールを登録できます。





TOP>ニュースリリース> プレス APEX >56th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)」出展のご案内

TOP