SHIMA SEIKI 島精機製作所

ニュースリリース

2023年9月11日 プレス SDS

「58th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)」出展のご案内

弊社は、10 月3 日(火)・4 日(水)の2日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「58th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)」に出展します。当展では、新発売の<P-CAMシリーズ>のフラッグシップモデルであり、裁断精度と生産性がアップし、コストパフォーマンスに優れた<P-CAM R>による裁断の実演や、裁断に最適な状態で生地を延反することができる自動延反機<P-SPR2L>との連携をご覧いただけます。また、産業資材を扱うお客様向けのご提案として、さまざまな素材の裁断サンプルもご用意しています。さらに、企画・デザインから生産、販売までのモノづくり全般をサポートする“All in One”の3Dデザインシステム<SDS-ONE APEX4>や、SDS-ONE APEX4のNew PGMソフトのパターンメイキング・グレーディング・マーキングをそれぞれ独立させたソフトウェアのサブスクリプションサービス<APEXFiz PGM>、デザインソフトウェアのサブスクリプションサービス<APEXFiz Design>に加え、サステナブルなモノづくりを実現するホールガーメントをはじめとした最新のニットサンプルも出展、展示いたします。各々の出展内容の概要は以下の通りです。




P-CAM R (積層式自動裁断機)


高効率、高生産性、高品質でご好評をいただいているSHIMA SEIKIの自動裁断機(NC裁断機)P-CAMシリーズのフラッグシップモデルとして、「Revolution(変革)」と「Reborn(再生)」を意味する「R」を冠したP-CAM Rを発売しました。機械の剛性をアップし、新たな制御テクノロジーを駆使することで、裁断精度の向上を実現し、メンテナンスも容易になりました。基本設計から一新し、消費電力や部材などの設計から製造工程、そして裁断工程における環境負荷を低減させたことで、縫製工場のサステナビリティにも貢献します。ユーザーの要望に応えて進化したP-CAM Rは、世界一の裁断技術への挑戦を続けます。




P-SPR2L (自動延反機)


P-SPR2Lは、反物状態の生地を自動で必要な長さにカットし、指定された枚数に重ねることができる自動延反機です。丸刃自動研磨、耳揃え機構、新開発のレイアップ機能などを備え、生地を最適な状態で延反することが可能です。P-SPR2Lから自動裁断機(NC裁断機)P-CAMへとリンクすることで、一貫した生産システムを構築でき、作業時間の短縮と大幅な省力化を実現します。




SDS-ONE APEX4 (3Dデザイン・CADシステム)


SDS-ONE APEX4は、横編機のプログラミングデータ作成やパターンCADの機能を完備し、各種ファブリックシミュレーション、製品の3Dバーチャルサンプリングも可能な3Dデザインシステムです。アパレルCADとしては、パターン設計からサイズ展開、裁断データの作成までスムーズな流れを提供します。3Dシミュレーションを使用したトワルチェックにも対応し、歩留まり率を追求した自動マーキングソフトウェア『AutoMarking Premium2』では、要布量計算ソフトウェア(山崩し計算)との組み合わせにより高効率な延反用尺を計算できます。自動裁断機のP-CAMシリーズとの連携により、型紙作成から裁断までのワークフローを一元化し、ファッション、自動車関連、産業資材などさまざまな業界で要求されるクイックレスポンスに対応したモノづくりをトータルにサポートします。




APEXFiz Design (デザインソフトウェア)


APEXFiz Designは、SDS-ONE APEX4のデザインソフトウェアのサブスクリプションサービスです。企画・デザインから配色検討、リアルなファブリックシミュレーション、そして製品の3Dバーチャルサンプルまで作成可能です。写真と見間違えるほど高品質な製品イメージは、プロトタイプとして活用することで時間、コスト、材料の無駄を削減し、サステナブルな企業活動に貢献します。また作成したバーチャルサンプルは単なるイメージに留まらず、生産への連結やECでのバーチャルサンプル活用など、業務の効率化も実現します。APEXFiz Design Standardをはじめ4種類の製品ラインアップからお客様のニーズに合わせてソフトの選択が可能です。




APEXFiz PGM (アパレルCADソフトウェア)


APEXFiz PGMは、ファッション・アパレル業界などから好評を得ておりますSDS-ONE APEX4のNew PGMソフトより、パターンメイキング・グレーディング・マーキングをそれぞれ独立させたソフトウェアのサブスクリプションサービスです。職場のデスクトップPCや出張用のノートパソコン、自宅PCなど勤務形態に合わせて使い分けることができます。APEXFiz PGMは、お客様の使用用途に合わせてパターンメイキング専用のAPEXFiz PGM PatternmakerからフルスペックのAPEXFiz PGM Proまで、4種類の製品ラインアップをご用意しています。



また、上記に先立ち、2023年9月1日(金)から2024年1月31日(水)まで開催される同展のオンライン展示会にも出展いたします。各種製品やソリューションの説明、および紹介動画なども公開します。





日時
2023年10月3日(火)・4日(水)10:00~17:00

場所
東京ビッグサイト 西3ホール
住所:東京都江東区有明3-11-1

主催
東京都ミシン商工業協同組合

ブースNo.
N-01

展示内容
P-CAM R(積層式自動裁断機)
P-SPR2L(自動延反機)
SDS-ONE APEX4(3Dデザイン・CADシステム)
APEXFiz Design(デザインソフトウェア)
APEXFiz PGM(アパレルCADソフトウェア)
産業資材裁断サンプル
ホールガーメントほかニットサンプル

オンライン展示会
2023年9月1日(金)~2024年1月31日(水)
FISMA TOKYOオンライン展示会公式サイト 島精機製作所ページ
※下記URLからアクセスしてください。
https://www.fisma.tokyo/sys/online/company_detail/1015
※ページの閲覧には下記URLから事前の会員登録(無料)が必要です。
https://www.fisma.tokyo/sys/registration/


<問い合わせ先>
西日本支店 露久志(ツユクシ)
メール:tsuyukushi@shimaseiki.co.jp
電話:0725-31-0511



TOP>ニュースリリース> プレス SDS >「58th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)」出展のご案内

TOP