Menu

CSR

Home > 会社情報 > CSR

太陽光発電

太陽光発電

SHIMA SEIKIは、「SHIMA SEIKIグループ行動基準」に「地球環境の保護」を定めているように、環境法令等を遵守し、環境に配慮した事業活動を積極的に推進することを重要な経営課題と認識しています。

生産部門では、年平均1%以上のエネルギー消費原単位の低減を目標に、エネルギー使用量の削減を推進しています。ホールガーメント横編機専用組立工場である最新の「FA3号棟」をはじめとする各工場には、大規模な太陽光発電システムを導入。この設備を含めてSHIMA SEIKIグループの工場には、日本の民間企業としては屈指の出力1,550kWの太陽光発電システムが稼動し、工場内で使用する電力の10%相当が削減できる自然エネルギーを創出しています。

このほか当社は、蓄熱式空調機の設置、照明器具のインバーター化、工作機械の廃熱利用などによる省エネルギー化にも取り組んでいます。

工場緑化

工場緑化

SHIMA SEIKIは、緑化に積極的に取り組み、約16万平方メートルある敷地の約30%を緑地とし、12,000本の木々を植樹してCO2低減に寄与しています。こうした総合的な工場緑化の推進と地域緑化への貢献が評価され、2007年10月には「緑化優良工場等表彰 経済産業大臣賞」を受賞しました。

当社では、今後も工場緑化を推進するとともに、周辺道路や街灯、歩道などの整備の推進、防犯効果を高める本社ビルのライトアップなども実施し、地域社会に貢献していきたいと考えています。

フュージョン・ミュージアム

フュージョン・ミュージアム:ニット&トイ

SHIMA SEIKIは、ニット・アパレル業界へのさらなる貢献を目指し、業界のパイオニアとして「フュージョン・ミュージアム」を運営しています。

フュージョン・ミュージアムでは横編機、手袋編機などの実機を展示しており、英国で生まれた世界最初の靴下編機から当社が誇る最新鋭機器まで、ニット編機の歴史を紹介しています。ご来館の皆様が楽しみながら見て触れることで「ニットのしくみ」が理解でき、また、展示品を通じ人やモノ、業界、世界の国々との「つながり」を実感できる場を提供していきたいと考えています。

ニットの歴史を展示する同ミュージアムは、地域の教育に貢献する体験施設としても活用されています。また、子供たちが当社のデザインシステムを使ってモノづくりの楽しさを体験できる「アートクラブ」を開設し、豊かな感性と表現力を身につけるためのデザイン教育にも貢献しています。

創造から生まれるモノづくりの楽しさを体感できるこれらの活動が、未来ある子供たちの知的探究心を育むことの一助となることを願っています。

ISO14001:環境マネジメントシステム認証

ISO14001

SHIMA SEIKIは、「人に、地球に、やさしい製品づくり」を進め、「環境配慮型製品」の開発・提供を通じ環境保全に貢献し、グローバル企業としての社会的責任を果たしていきます。そのため、当社が設計、製造、及び販売する全ての製品において、係る全ての本社業務に関して、“外部認証機関によるISO14001第三者認証”を取得しています。

品質・環境基本方針 / 行動指針について

ページの先頭へ戻る