Menu

NC裁断機

Home > 製品情報 > CAD/CAMシステム > 自動車内装部品 > P-CAM120C/160C/180C

P-CAM

P-CAM

ニーズに合わせて裁断エリアが選べる、産業用資材
に対応した新型NC裁断機(自動裁断機)

島精機製作所のNC裁断機(自動裁断機)P-CAM120Cに、新たに幅広タイプのP-CAM160CとP-CAM180Cがラインアップに加わりました。いずれもシート状のCFRPやGFRPのプリプレグなどの裁断に最適です。裁断方式は超音波振動機構のカッター、直刃カッター、そしてレシプロ式ナイフから選択いただけます。溶着素材への裁断にも対応したことで、ゴム・皮革・フレキシブルコンテナバッグ(ポリエチレンシート)・テント素材(ターポリン)・雨具・レインコート、ランドセル、革靴、レザーシューズ、スポーツ用品などの裁断を最大20mmの積層厚まで対応。カッターの裁断は、モーター制御による高さ・深さ調整によりカッターの長寿命化を図っています。さらに裁断素材を考慮して防油・防塵に対応し、カッターの自動洗浄、二度切り防止機能や専用裁断ブラシなど最新鋭の機能を搭載。いずれの裁断幅の場合でも裁断長は最短で880mmのコンパクトサイズから対応。裁断用途に合わせて延長し、裁断エリアをカスタマイズできます。裁断データの読み出しにはオプションでバーコード入力にも対応しており、裁断データの入力ミスがなくなり、作業性が大幅に向上します。納入の際は、一体納入のほか、分割納入も可能なため、限られたスペースにおいても容易に搬入や設置ができます。設計CADシステムSDS-ONE APEX3との組み合わせで、自動車・航空機・産業資材など様々な業界で一貫した生産システムを構築いただけます。

高精度なカッティングヘッド

高精度なカッティングヘッド

プレス機(トムソン型・ビク型等)では、金型(木型等)を使用するため、型代のコストや保管場所が必要となります。SHIMA SEIKIのP-CAMは、CADデータで裁断することで、型を必要とせず、複雑な形状も裁断可能です。また、溶着が発生しやすい素材にはナイフを冷却する機能があります。さらに、研磨方式を見直すことで、より精度の高い裁断が可能となりました。

ヘッド高さ制御

ヘッド高さ制御

吸引時の生地厚の高さを自動で認識し、最適なヘッド高さで裁断と生地押さえの制御をおこなうことで裁断精度向上や裁断効率アップになります。

2度切り防止機能

2度切り防止機能

パーツが隣り合う2つのラインを裁断する場合は、片方のラインのみを裁断することが可能です。2度切りを防止することで、裁断面の精度向上や時間短縮に貢献します。また、この処理を自動化することでデータの編集時間を短縮できます。

安全装置

安全装置

停止スイッチを4角に採用し、Yビームにはセーフティバー、一時停止などの安全装置が標準で装備されているため、安心して操作がおこなえます。

プロジェクター(オプション)

プロジェクター(オプション)

裁断データのパターン配置をP-CAM上の生地に投射する装置。これにより生地のひずみが確認できます。一枚裁ちの場合、生地のしわをパターン配置されていないところに設定し、傷などの生地の不良部分を避けてパターンの再配置をおこなうことができます。また、積層のP-CAMもプロジェクターでパーツを投射することにより、本革の裁断ができます。柄位置の確認や再検討・変更に充分な威力を発揮します。積層の粗裁ちパーツ内の精密裁断のパターン配置としても使用できます。

バーコードに対応(オプション)

バーコードに対応(オプション)

ファイル名をバーコード化した場合、従来ならば手動でおこなう裁断データの選択をバーコードにより瞬時に読み取ることができます。これにより、手動のオペレーションによる手間がなくなり、またヒューマンエラーを防ぎます。

P-CAM120C/160C/180Cについてのご質問、購入のご相談、カタログ請求はこちらからお問合せください。

ページの先頭へ戻る