Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 「東北アパレル産業機器展」出展のご案内

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

「東北アパレル産業機器展」出展のご案内プレス

2011年05月30日

弊社は、6月11日(土)と12日(日)の2日間、青森産業会館において開催される「東北アパレル産業機器展」(2011 第35回 東北ミシンショー)に出展いたします。新開発の搬入テーブルを搭載して、生産性を向上した高品質の積層式自動裁断機『P-CAM162』に加え、プロジェクターにより生地の上にパターンを投影しながら柄合わせ裁断が可能な一枚裁ち自動裁断機『P-CAM160』を展示いたします。これら裁断機には、新たにQRコードを対応し、裁断データをスムーズに入力できるようになりました。3次元による新たな企画提案スタイルを可能にした3Dアパレルデザインワークステーション『SDS-ONE APEX』、さらに、東北エリアでは初めてインクジェットマーキングプロッター『PMK2000』もご覧いただけます。各々の出展機種の概要は以下の通りです。(弊社ブースNO.9)


1. P-CAM162 (積層式自動裁断機)

P-CAM162(裁断幅1,600mm、生地厚55mm)は、高効率・高生産性・高品質を実現した積層式自動裁断機(NC裁断機)です。P-CAMを納入する際に、一体納入のほか、分割納入も可能で、限られたスペースにおいても容易に設置できます。また、オプションでプロジェクターと高性能カメラを搭載し、映し出された原寸パターンを直接生地上で確認しながらパターンの位置確認やキズ・しわによる位置調整が簡単におこなえます。さらに、縮小マーカー上に印刷されたバーコードの読み取りにより裁断データを入力できるようになったことで、裁断データの入力ミスがなくなり、作業性も大幅に向上しました。これらの機種は、刃幅自動測定機能・二度切り防止機能・マーキングピッチ0mmによるスリット裁断など最新鋭の機能を搭載しています。また、新しい自動研磨技術によって、ナイフ本来の切れ味・寿命も向上しました。アパレル、ワークウェア、縫製メーカー、ニットメーカー、自動車関連、産業資材(炭素繊維、アラミド繊維、不織布、フィルター、フェルトなど)や家具関連などに適した高生産性をお届けします。



2. P-CAM160 (一枚裁ち自動裁断機)

超高速で高精度な一枚裁断が可能で、サンプル生産・イージーオーダー・期近/期中/追加注文など極めて小ロットで短納期の生産に大きな威力を発揮する裁断幅1,600mmの自動裁断機(NC裁断機)です。プロジェクターから映し出された原寸パターンを直接生地上で確認できることで、パターンの位置調整が簡単におこなえます。さらに、ヘッド部に装備した高性能カメラにより映し出された生地とマーキングデータを液晶モニターで確認できるため、精密裁断を要求されるワイシャツの格子柄などの柄合わせ裁断も容易かつクイックにおこなえます。また、他社裁断データの編集も可能です。



3. SDS-ONE APEX (3Dアパレルデザインシステム)

企画・デザインから生産・販売までのファッション関連のモノづくり全般をサポートする"All in One"のアパレルデザインワークステーションです。原反の節約と裁断時間の効率を高めるために、型入れサイズと生地サイズを自動および手動で計算できる要布量計算に対応しました。さらに、歩留まりアップを実現した独自の自動マーキングソフト「AutoMarking Premium」は、要布量計算ソフトとの組み合わせにより高効率な延反用尺を計算できます。また、画面上のモデルを360 度回転させながら製品イメージを検討できる3 Dシミュレーションや、3Dモデル作成、型紙作成から3D着装、3 Dマッピング、アイテムコーディネートも可能です。弊社のP-CAM(自動裁断機)シリーズとの連動により、ファッションアパレルの型紙設計から裁断までスムーズな生産の流れを提供します。



4. PMK2000 (インクジェットマーキングプロッター)

自社開発したPMK2000は、インクジェット方式により、世界最高レベルの印字速度で、最大2,000mm幅までの描画印字に対応しています。機能の特長として、吸引と多点固定式加圧ローラーにより紙づまり(ジャム)を防止することで用紙送りが安定し、長尺マーカーの描画も高精度でスムーズに出力できます。また、出力された用紙の自動巻取り装置や、巻き移しに便利な小巻装置を搭載しているため、出力された用紙を小巻装置で巻き直しして、効率良く取り出すことができます。P-BRIDGE(CAD用)との併用により、スケジュール出力が可能です。さらに、インクジェット方式のため、ペンプロッターとは違い、出力するデータ量がどれだけ多くても描画時間に影響しません。



問い合わせ先
経営企画部(藤村、松田) TEL:073-474-8213



ページの先頭へ戻る