Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 米国ドレクセル大学における研究開発施設 ―『Shima Seiki Haute Technology Laboratory』の開設について

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

米国ドレクセル大学における研究開発施設 ―『Shima Seiki Haute Technology Laboratory』の開設についてプレス

2012年03月23日

このたび、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアのドレクセル大学において、多岐の分野にわたる学部・学科が共同で高機能衣料やその生産方法等を研究するための施設として「Shima Seiki Haute Technology Laboratory」が開設されるにあたり、当社がその研究開発の設備および技術的な協力を行うことになりましたので、お知らせいたします。なお、技術協力は、当社米国現地法人であるSHIMA SEIKI U.S.A. INC. と協働しておこないます。


研究施設の概要
米国ペンシルベニア州フィラデルフィアに本拠を置くドレクセル大学は、最先端の学術研究で知られるトップクラスの総合私立大学であり、このたび同大学のGenevieve Dion 教授を中心に、テキスタイルやファッション、医学、電子工学など学部、学科を超え、共同で最先端の高機能衣料やその生産方法等の研究開発を行うための研究施設を立ち上げることになりました。当社グループではホールガーメント横編機やデザインシステムの設備面および技術面でこの研究に対する協力をおこなうものです。

(研究施設の名称) Shima Seiki Haute Technology Laboratory
(シマセイキ先端技術研究所)

(研究所の開設時期) 2012年9月


本件研究開発への協力により見込まれる効果
今回の研究開発への協力を通じ次のような効果が期待できます。

テキスタイルやファッションだけでなく、医学や電子工学など他分野との合同研究により、当社製品の新規産業分野への展開や、新技術等への波及効果が見込まれます。
大学での研究を通じ、学生などへの当社システム等の浸透がはかれ、各業界における人材育成の機会となることが見込まれます。


問い合わせ先
総務人事部 藤田・小倉
TEL:073-474-8208

ページの先頭へ戻る