Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 「MEDTEC JAPAN」出展のご案内

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

「MEDTEC JAPAN」出展のご案内プレス

2013年03月23日

弊社は、4月24日(水)・25日(木)の2日間、東京ビッグサイトにおいて開催される「MEDTEC JAPAN」に出展します。新開発の超音波振動機構のナイフを搭載し、CFRPやGFRPなどのプリプレグの裁断にも最適なNC裁断機「P-CAM120C」、マーキングソフトウェア『AutoMarking Premium』を搭載した3Dデザインシステム「SDS-ONE APEX3」、三次元計測装置とホールガーメント横編機「SWG091N 15G」を展示し、医療分野をはじめ、スポーツ・介護などの分野で様々な応用をご提案いたします。各々の出展機種の概要は以下の通りです。


P-CAM120C (自動裁断機 / NC裁断機)

新開発の裁断機としてヘッドに超音波振動機構を搭載して溶着素材への裁断にも対応したことで、フレキシブルコンテナバッグ・テント素材・レインコート・雨具素材などへの裁断が可能となったNC裁断機です。裁断テーブルにブラシタイプの固定台を採用したことで、生地の固着性も高めました。裁断面積もユーザーニーズに合わせてカスタマイズ可能。また、CFRPやGFRPなどのプリプレグや産業資材にも対応でき、デザインシステムとの組み合わせで、様々な業界で一気通貫の生産システムの構築を実現できます。


SDS-ONE APEX3 (3Dデザインシステム)

企画・デザインから生産・販売までのモノづくり全般をサポートする"All in One"の3Dデザインシステムです。パターンメイキング、グレーディングといった基本的な機能に加え、歩留まりアップを実現した独自の自動マーキングソフト「AutoMarking Premium」は、要布量計算ソフトとの組み合わせにより高効率な延反用尺を計算できます。弊社のP-CAM(自動裁断機)シリーズとの連動により、型紙設計から裁断までスムーズな生産の流れを提供します。さらに、シミュレーションの機能強化により、企画プロセスを改善し、サンプリングのコスト・時間・材料の無駄を省くバーチャルサンプルを提案します。当展示会では、最新バージョンのソフトで、お客様のニーズに合った最適なソリューションを提供します。


三次元計測装置

人体計測をおこなった後、デザインシステムによるニット編成プログラム作成からホールガーメント横編機による製品の編み立てや、型紙データ作成から自動裁断機による裁断など、一気通貫のモノづくりを実現。さらに、三次元計測装置で計測したデータをもとに、デザインシステムで着圧をコントロールしたニット製品が生産できるため、今後、幅広い分野への応用が見込めます。展示会では、三次元計測装置からホールガーメント横編機「SWG091N」による編み立てまでの実演デモをおこないます。



1. 日時
2013年4月24日(水)・25日(木)
午前10時から午後5時


2. 場所
東京ビッグサイト 西ホール
住所:東京都江東区有明3-11-1
TEL:03-5530-1111


3. 主催
UBM Canon Japan G.K.
TEL:03-4360-5669


4. ブースNo.
1995


5. 展示機種
P-CAM120C (自動裁断機 / NC裁断機)
SDS-ONE APEX3 (3Dデザインシステム)
三次元計測装置
SWG091N 15G (ホールガーメント横編機)


<問い合わせ先>
営業統括部 南出 TEL:073-474-8200
TDC 企画G 烏野

ページの先頭へ戻る