Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 「刈谷プライベートショー」開催のご案内

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

「刈谷プライベートショー」開催のご案内プレス

2017年10月 6日

弊社は、刈谷市産業振興センター(あいおいホール)にてプライベートショーを開催いたします。デザインシステムを核としたトータルファッションシステムを用いたこれからのモノづくりの形を提案します。



<裁断機>

ターボファンを搭載することで空気圧の変動を最小限に抑え、カーシート素材などの厚物生地も、より安定した裁断が可能となった積層式自動裁断機(NC裁断機)<P-CAM182>、ロール状のCFRPやGFRPのプリプレグなどの裁断に最適な産業資材向け自動裁断機<P-CAM130C>、産業資材の裁断にも対応し、芯貼り後や柄合わせの精度裁ちはもちろん、鞄や靴などの小物裁断に最適なバンドナイフに代わる小型の自動裁断機(NC裁断機)<P-CAM120C>、生地を最適な状態で延反する自動延反機<P-SPR2>を展示し、延反から裁断、ピックアップまでの一連の流れを一元化する『Shima Cutting Solutions』を実演します。



<デザインシステム>

企画・デザインから生産・販売までのファッション関連のモノづくり全般をサポートする3Dデザインシステム<SDS-ONE APEX3>には、新発表のNew PGMアパレルCADソフトウェアをはじめ、歩留まり率アップを実現したマーキングソフトウェア『AutoMarking Premium』や要布量計算ソフトを搭載しています。



<横編機>

可動型シンカーを搭載した4枚ベッド機構のホールガーメント横編機<MACH2XS123>の紹介を通して、生産システムのオートメーション×IoTによりカスタマイゼーション(個別大量生産)が可能となった新たなモノづくりを提案します。 さらに、ニット小物、雑貨の生産や、医療、産業資材分野など幅広い業界でご活用いただけるコンパクトなホールガーメント横編機<SWG041N2>、ループプレッサーを搭載し、インレイ柄の編成に適した横編機<SVR093SP>も展示します。



「必要なものを、必要なだけ、必要な時に作る」JIT (Just In Time) 生産方式とSHIMA SEIKI のホールガーメント によるニット生産はマッチします。生産時の時間・労力の無駄を省くことで製造期間の短縮、在庫の削減が可能です。




そのほか、ホールガーメントをはじめとした最新のニットサンプルも展示します。ファッション業界だけでなく、産業資材を扱うお客様向けのご提案も準備しております。



1. 日時
2017年10月18日(水)~19日(木)
午前9時30分から午後7時(最終日は午後5時まで)

2. 場所
刈谷市産業振興センター(あいおいホール)
住所:刈谷市相生町1丁目1番6
TEL:0566-28-0555

3. 展示内容
P-CAM182(積層式自動裁断機/NC裁断機)
P-CAM130C(産業資材向け自動裁断機/NC裁断機)
P-CAM120C(コンパクト自動裁断機/NC裁断機)
P-SPR2(自動延反機)
MACH2XS123 15L(ホールガーメント横編機)
SWG041N2 10G(ホールガーメント横編機)
SVR093SP-SV14G(コンピュータ横編機)
SDS-ONE APEX3(3Dデザインシステム)
ホールガーメント製品サンプル、各種ニットサンプル

<問い合わせ先>
営業統括部 江川 TEL:073-474-8200
TDC企画G 烏野 TEL:073-474-8580



展示会に関するご質問、来場事前予約、カタログ請求についてはこちらからお問合せください。


ページの先頭へ戻る