Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 「JAPAN BEST KNIT SELECTION 2011」出展のご案内

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

「JAPAN BEST KNIT SELECTION 2011」出展のご案内プレス

2011年11月25日

弊社は、12月6日(火)と7日(水)の2日間、東京国際フォーラムにおいて開催される「JAPAN BEST KNIT SELECTION 2011」に出展いたします。ラージフックのスライドニードルを8ゲージピッチで搭載したホールガーメント横編機の新機種「MACH2X173 8L」、バーチャルでの製品イメージ作成機能やさまざまな配色機能で、企画業務の効率やプレゼンテーション力強化をサポートする3Dデザインシステム「SDS-ONE APEX3」を展示いたします。各々の出展機種の概要は以下の通りです。(弊社ブースNO. K-00)


1. MACH2X173 8L (ホールガーメント横編機)

ミドルゲージからコースゲージの総針編成が可能となった新しいホールガーメント横編機MACH2X173 8Lは、スライドニードル、R2CARRIAGE、秒速1.4mの最高編成速度、i-DSCS+DTC、引下げ装置などにより、生産性を向上させ、安定した編成と高品質な製品を提供します。また、ラージフックのスライドニードルを8ゲージピッチで搭載することで、高品位な6G~10G風合いのホールガーメント製品を効率良く編むことができます。総針ホールガーメント編成により、ケーブル柄やアラン柄などの寄せ柄が容易に編成できます。



2. SDS-ONE APEX3 (3Dデザインシステム)

SHIMA SEIKIが提唱する「Total Fashion System」、「Total Knitting System」の中核となる3Dデザインシステム。「ものづくり」を実践されている全てのお客様に、簡単に使っていただくことを目標に開発されました。「横編み」・「丸編み」・「織物」・「プリント」・「パイル」シミュレーション機能の強化により、企画プロセスを改善し、サンプリングのコスト・時間・材料の無駄を省くバーチャルサンプルを提案します。また、3Dアイテムや成型ニットペイントなどの新機能を多数搭載しています。新開発のニットプログラミングソフトは、熟練技術者のノウハウが織り込まれた今までにない新しいソフトで、お客様のニーズに合った最適なソリューションを提供します。



問い合わせ先
経営企画部(藤村、松田) TEL:073-474-8213



ページの先頭へ戻る