Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 「FDC トレンド・パネル・エキシビジョン」出展のご案内

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

「FDC トレンド・パネル・エキシビジョン」出展のご案内プレス

2010年05月 8日

弊社は、5月12日(水)~14日(金)の3日間、一宮地場産業ファッションデザインセンターにおいて開催される「FDC トレンド・パネル・エキシビジョン」に出展いたします。
日本国内で最大規模のテキスタイル産地である尾州産地での同展では、愛知県・岐阜県を中心としたアパレル・商社・テキスタイルコンバーター・企画会社に関連する方々に「SDS-ONE」を実機で確認していただくことができます。また、丸編みやテキスタイルのシミュレーションもバーチャルで実感していただき、企画から生産までの提案をおこないます。詳細は以下の通りです。


【SDS-ONE】
All in One"のコンセプトのもと、企画・デザインから生産・流通までのワークフローをフルサポート出来るアパレルデザインワークステーションです。
繊維業界の原点である糸のデザインに始まり、スキャナー入力した現物の糸や登録されている糸を撚糸・絣糸・メランジなどにアレンジでき、バーチャルで糸の企画も行えます。先染め織物では、チェック柄・ドビー柄・二重織りなどが作成でき、豊富なデータベースも搭載しています。丸編生地では、バックカットや生地裏側のシミュレーションも可能です。その他にも最近の個展などでご好評いただいているカレイドチェックといったテキスタイル柄作成機能およびリアルなシミュレーション機能も実際に確認していただけます。また、新機能の自動配色機能は写真などから色を抽出し、イメージにあった配色を瞬時に作成することができます。様々なテキスタイルのシミュレーション・配色検討・プリントデザインの作成、さらに販売促進用ツールとして、デザインから販売までの物づくりに必要な作業をサポートします。これらの機能を活用することで、サンプル費用の削減やクイックな物づくりができ、ニット業界のみならずテキスタイル・丸編み・刺繍・プリントなど、アパレル製品全般で威力を発揮します。操作ナビゲーション機能を搭載していますので、初心者でも簡単に使用していただけます。

SDS-ONE_1005.jpg

写真から色を抽出し、瞬時にテキスタイル柄を作成できる「SDS-ONE」
(左側の写真データから色を抽出し、右側に柄が作成されている)


<問合せ先>
株式会社島精機製作所 経営企画部(藤村、松田)
〒641-8511 和歌山市坂田85番地  TEL: 073-474-8213  FAX: 073-474-8258

ページの先頭へ戻る