Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 「FDC トレンド・パネル・エキシビジョン」出展のご案内

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

「FDC トレンド・パネル・エキシビジョン」出展のご案内プレス

2010年11月 5日

弊社は、11月16日(火)~18日(木)の3日間、一宮地場産業ファッションデザインセンターにおいて開催される「FDC トレンド・パネ ル・エキシビジョン」に出展いたします。
当展示会では、アパレル・商社・テキスタイルコンバーター・企画会社に関わる方々を中心に『 SDS-ONE 』の様々な機能を実機で 確認できます。詳細は以下の通りです。



SDS-ONE

 
"All in One"のコンセプトのもと、企画・デザインから生産・流通までのワークフローをフルサポート出来るアパレルデザインワークス テーションです。
繊維業界の原点である糸のデザインに始まり、スキャナー入力した現物の糸や登録されている糸を撚糸・絣糸・メランジなどにアレ ンジでき、バーチャルで糸の企画ができます。最新バージョンでは、糸の光沢感やファンシーヤーン、ワッフル織や蜂巣織といった 生地の表面の凹凸感も、リアルな立体感で表現できるようになりました。先染め織物では、チェック柄・ドビー柄・二重織りなどが 作成でき、豊富なデータベースも搭載しています。丸編生地では、バックカットや生地裏側のシミュレーションも可能です。その他 にも個展などでご好評いただいているカレイドチェックといったテキスタイル柄作成機能およびリアルなシミュレーション機能も実際 に確認していただけます。また、新機能の自動配色機能は写真などから色を抽出し、イメージにあった配色を瞬時に作成すること ができます。様々なテキスタイルのシミュレーション・配色検討・プリントデザインの作成、さらに販売促進用ツールとして、デザイン から販売までの物づくりに必要な作業をサポートします。これらの機能を活用することで、サンプル費用の削減やクイックな物づくり ができ、ニット業界のみならずテキスタイル・丸編み・刺繍・プリントなど、アパレル製品全般で威力を発揮します。操作ナビゲーショ ン機能を搭載していますので、初心者でも簡単に使用できます。


<問合わせ先>
経営企画部 藤村、松田  TEL: 073-474-8213 

ページの先頭へ戻る