Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 新工場『FA(Factory Amenity)3号棟』竣工のお知らせ

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

新工場『FA(Factory Amenity)3号棟』竣工のお知らせプレス

2012年03月23日

弊社本社敷地内に建設中でありました新工場『FA(Factory Amenity)3号棟』を下記のとおり竣工しましたのでお 知らせ申し上げます。

fa3.jpg

工場名称
『FA(Factory Amenity)3号棟』


建設目的
ホールガーメント(無縫製ニット)横編機のフレキシブルな組立体制の確立


コンセプト

 地球環境に配慮した省エネルギーと人にやさしく快適な次世代工場

トップライトによる自然採光とインバーター照明、無段階調光センサーの採用で均一な照度を確保することにより工場環境向上と電力消費量の約50%を削減。

太陽光発電設備の設置。

屋根、壁面の断熱性能の向上および加湿組込型インバーター空調、熱交換型換気システムの採用により、ランニングコストを年間約35%低減。

トラス化で柱間を広く取り、良質で強度のある鋼材を使用することで、開放的な空間を確保すると同時に鋼材を約30%節減。

従来工法の基礎杭や地中梁を必要とせず、建物全体の地盤を深い位置まで地盤改良を施すことにより強度を上げることで、上部荷重と地震による水平力に地盤全体で対応し、耐震性能を向上させるなど防災を意識した最新工場。

従来工場の床面よりも20cm高い床面を確保。さらには、各扉に50cmの防潮扉を完備し、西側水路沿いに設置した擁壁とともに水路からの水の浸入を防ぐよう計画。

建設にあたっては、建設地の木々をすべて工場敷地内に移植し、環境にも配慮。全工場敷地の約30%の緑地帯を確保することでCO2を吸収。弊社工場は緑化優良工場として2005年度(財)日本緑化センター会長賞を受賞しました。


工場概要 ・鉄骨造り平屋建て
・本体部分床面積 2,414.91㎡
・太陽光発電設備 京セラ株式会社製 出力220kW (発電パネル1,000枚)
・出荷部テント膜キャノピー 657.4㎡ 酸化チタン光触媒による半永久的な汚れ防止および紫外線遮断機能。

総工費 約7億円(建設工事、太陽光発電設備、付帯工事)

工事請負 株式会社淺川組

設計監理 株式会社デム建築事務所


問い合わせ先
株式会社島精機製作所 総務人事部 今井、小倉
TEL:073-474-8208

ページの先頭へ戻る