Menu

ニュース&トピックス

Home > ニュース&トピックス > 「2010アパレルソリューションフェア」出展のご案内

  • 全て
  • 製品
  • IR
  • プレス
  • 拠点
  • サイト更新

「2010アパレルソリューションフェア」出展のご案内プレス

2010年07月29日

弊社は、8月24日(火)・25日(水)の2日間、TOC有明・4F/コンベンションホールにおいて開催される「2010アパレルソリューションフェア」に出展いたします。
パターンメイキングからグレーディング、マーキングまで、ソフトの切り替えをすることなく簡単に操作が行えるアパレルCADシステム『SDS-ONE』、『SDS-ONE APEX』を出展します。主な出展機種の概要は、以下の通りです。


1. SDS-ONE



企画・デザインから生産・販売までのファッション関連のモノづくり全般をサポートする"All in One"のアパレルデザインワークステーションです。パターンメイキング・グレーディング・マーキング、テキスタイルのシミュレーション・配色検討、プリントデザインの作成、さらに販売促進用ツールとして、デザインから販売までのモノづくりに必要なワークフローすべてを密接にリンクさせ、一気通貫のモノづくりが実現できます。新たに対応した要布量計算ソフトは、型とサイズを入力すると、使用生地量を自動計算できるため、原反発注が容易になり、生地の残反も有効活用できるようになりました。また、TIIPデータにも対応しています。さらに、歩留まりアップを実現した独自の自動マーキングソフト『AutoMarking Premium』と要布量計算を組み合わせることにより高効率な延反用尺を計算することができます。また、バーコード出力も対応しました。SDS-ONEからP-CAM(自動裁断機)にデータ転送することで、スムーズに裁断がおこなえます。ニット業界のみならず、テキスタイル、丸編み、刺繍、プリントなど、アパレル製品全般で威力を発揮します。



2. SDS-ONE APEX

SDS-ONEの機能を継承しつつ、以下の主な機能をすべて3次元で行えます。

  ①メンズやレディースのボディを作成する機能
  ②ボディにパターンデータを着装するフィッティングシミュレーション機能
  ③ニットや布帛の柄や素材を立体的に貼りつける機能

3次元による新たな企画提案スタイルを可能にした3Dアパレルデザインワークステーションです。



3. 問合せ先
経営企画部 藤村、松田 TEL: 073-474-8213

ページの先頭へ戻る