配当について

当社は、株主に対する利益還元を経営の最重要課題の一つとして位置付けております。
利益配分につきましては、長期にわたって安定した配当を継続するとともに、業績の向上を基本として、今後の収益予想や将来への事業展開などを勘案したうえで、実施すべきものと考えております。また、内部留保資金につきましては、中長期的視点に立った設備投資、研究開発投資など、経営基盤の強化ならびに今後の事業展開に備え、積極的に活用する方針であります。
2017年3月期の期末配当金につきましては、当初の予定通り創立55周年の記念配当の2円50銭を加え1株あたり25円とし、中間配当金20円とあわせまして、年間では1株につき45円で実施いたしました。
2018年3月期の配当につきましては、収益予想を鑑み、中間配当金は1株につき25円、期末配当金についても1株につき25円とし、これにより年間配当金は1株につき5円増配の50円とする予定であります。

配当金の推移

ページの先頭へ戻る

TOP