配当について

当社では、株主のみなさまに対する利益還元を経営の最重要課題のひとつとして位置付けており、事業の持続的な発展を通じて、安定した配当を長期にわたって継続することを基本方針としております。
 そのうえで、長期的視点に立った成長投資および今後の事業展開に備えた内部留保にもバランス良く配分を行う方針であります。
 このような方針のもと、当期の期末配当金につきましては、横編機事業の好調な販売実績などにより利益が計画を上回ったことから、当初予定しておりました1株につき25円の配当金を35円に増配する議案を株主総会にお諮りすることといたします。
 これにより、すでに実施いたしました中間配当金25円とあわせて、年間では1株につき60円となり、前期に比べ15円の増配となります。
 次期以降の利益還元方針につきましては、2018年度から始まる3ヵ年の中期経営計画「Ever Onward 2020」に基づき、より利益成長との連動性を高め、連結配当性向25%を目安とするとともに、株価水準や資金の状況、市場環境などを総合的に勘案し、時機に応じて柔軟に自己株式の取得を行うなど、資本効率の向上にも努める方針であります。
 この方針に基づき、次期の配当につきましては、中間配当金として1株につき35円、期末配当金として1株につき45円とし、これにより年間配当金は1株につき20円増配の80円とする予定であります。

配当金の推移

ページの先頭へ戻る

TOP