Menu

歴史・沿革

Home > 会社情報 > 歴史・沿革

SHIMA SEIKIの歩み SHIMA SEIKIのモノづくり
1937年 島正博、和歌山市に生まれる
1953年 二重環絓りミシンを考案
二重環絓りミシン
1954年 ゴム入手袋とゴム糸挿入装置を考案
1960年 手袋編機半自動動力装置を開発
ゴム入手袋とゴム糸挿入装置
1961年 株式会社島精機製作所の前身、三伸精機株式会社を設立
三伸精機株式会社
半自動装置の製造販売を開始
1962年 手袋編機の自動化という難課題をもって、和歌山市手平に株式会社島精機製作所を設立
株式会社島精機製作所
1964年 全自動手袋編機の開発に成功
全自動手袋編機
1966年 島アイデアセンター開設
1967年 世界初の全自動フルファッション衿編機<FAC>を開発、横編機業界に進出
全自動フルファッション衿編機<FAC>
1968年 業務拡張のため現在地に本社屋、工場を新設
本社屋
全自動セミフルファッション横編機<SF>を開発
全自動セミフルファッション横編機<SF>
1969年 東京晴海国際ニット機器展に全自動セミフルファッション横編機等を出展、横編機メーカーとしての本格スタートを切る
1970年

全自動シームレス手袋編機<SFG>を開発
全自動シームレス手袋編機<SFG>

全自動ダブルカム目移しジャカード横編機<SL>を開発
全自動ダブルカム目移しジャカード横編機<SL>

1971年 パリ開催のITMA展に全機種の出品を敢行、国際的評価を受け、本格的な輸出に取り組む
ITMA展

全自動万能横編機<SPL>を開発
全自動万能横編機<SPL>

セミフルファッション横編機<New-SF>を開発
セミフルファッション横編機<New-SF>

1972年 科学技術庁長官より科学技術功労賞、機械振興協会より自動化機械開発賞、中小企業研究センターより全国表彰を相次ぎ受賞
科学技術功労賞 科学技術功労賞
1973年 新潟営業所、東北シマセイキ販売を設立
1975年 全自動ジャカード手袋編機<SJG>を開発、独ライプチッヒ展に出展し、ゴールドメダル賞を受賞
発明協会より発明奨励賞を受賞
ゴールドメダル賞 ゴールドメダル賞 ゴールドメダル賞
1976年 全自動目移しジャカード横編機<ST-J>を開発
1977年

全自動セミジャカード成型編機<DSF>を開発
全自動セミジャカード成型編機<DSF>

電子制御ジャカード横編機<SEJ>を開発

1978年

シマトロニック・ジャカード・コンピュータ制御横編機<SNC>を開発、横編機の新分野を開拓
シマトロニック・ジャカード・コンピュータ制御横編機<SNC>

テープメイキングシステム<TMS>を開発
テープメイキングシステム<TMS>

1979年

「全自動ジャカード手袋編機の開発」により、第25回大河内記念技術賞を受賞
第25回大河内記念技術賞 第25回大河内記念技術賞

ニットマックエンジニアリング株式会社(現 株式会社ニットマック)を設立

全自動タックジャカード手袋編機<STJ>、全自動シンカーパイル手袋編機<SPG>を開発
全自動シンカーパイル手袋編機<SPG>

コンピュータ制御横編機<SEC>を開発
コンピュータ制御横編機<SEC>

1980年

株式会社シマファインプレス設立

発明協会より「手袋の編成方法」で全国発明賞受賞
全国発明賞受賞 全国発明賞受賞

1981年 研修センター南風荘を開設
研修センター南風荘
シマトロニックデザインシステム<SDS-1000>を開発
シマトロニックデザインシステム<SDS-1000>
1982年

大阪支店を開設

ニットデザインセンター(現 トータルデザインセンター)を開設

四国営業所を開設

全自動シームレス手袋編機<SFG>のコンピュータ制御化とその手袋の完全製品化に成功

コンピュータ制御横編機<SET>を開発
全自動シームレス手袋編機<SFG>

1983年 第9回ITMA展に全機種を出品し、SDSを核としたアパレル・マルチ・デザインシステム(現在のトータルニッティングシステム)を提唱
1984年

シマトロニックデザインシステム<SDS-310>を開発
シマトロニックデザインシステム<SDS-310>

デジタルステッチコントロールシステム<DSCS>を開発
デジタルステッチコントロールシステム<DSCS>

1985年 英国に現地法人Shima Seiki Europe, Ltd.を設立
Shima Seiki Europe, Ltd.

<SDS-380シリーズ>など、コンピュータグラフィックスシステムの開発により、高い評価を受ける
<SDS-380シリーズ>

1986年

台湾に台北支店を設立
台北支店

米国ニュージャージー州に現地法人Shima Seiki USA, Inc.を設立
Shima Seiki USA, Inc.

アパレルマルチデザインシステム<SDS-480>を開発
アパレルマルチデザインシステム<SDS-480>
1987年

東京支店を開設

デザインシステム<マイクロSDS>を開発
デザインシステム<マイクロSDS>
1988年

アパレルCAD<PGM-2>を開発
アパレルCAD<PGM-2>

コンピュータ制御横編機<SEK>を開発
コンピュータ制御横編機<SEK>

シマトロニック・コンピュータ制御横編機<SESシリーズ>を開発、第4回OTEMAS展に出展、ニット業界から高い評価を得る
デザインシステム<HYPER PAINT>

1989年 デザインシステムの開発及び実績により第3回東京クリエイション大賞を受賞
東京クリエイション大賞 東京クリエイション大賞

デザインシステム<HYPER PAINT>を開発

1990年

新本社ビル竣工
新本社ビル

大阪証券取引所市場第二部に上場

1991年 ミラノにSHIMAX ITALIAを設立

ニットCADの新機種<スーパーマイクロSDS>を発売開始
ニットCAD<スーパーマイクロSDS>

フルシンカーシステム搭載の<SES122-S>を開発
フルシンカーシステム搭載<SES122-S>

積層式生地自動裁断機<P-CAM>を開発、販売開始
積層式生地自動裁断機<P-CAM>

1992年

名古屋支店を開設

大阪証券取引所市場第一部に上場

ハイビジョン対応で世界最大のメモリーを持つデザインシステム<HYPER PAINT2>を開発
デザインシステム<HYPER PAINT2>

1993年

オスカー賞(イタリア・テクニカ社)を受賞
オスカー賞(イタリア・テクニカ社) オスカー賞(イタリア・テクニカ社)

第14回衣服文化賞を受賞
第14回衣服文化賞

4面ベッド方式を採用した<SES122RT>を開発
4面ベッド方式<SES122RT>
1994年

泉州支店を開設

ジュビリー賞(英国テキスタイル・インスティテュート)を受賞
ジュビリー賞(英国テキスタイル・インスティテュート) ジュビリー賞(英国テキスタイル・インスティテュート)

トータルデザインセンターを開設

経編機能を備えた横編機<SPL102CS>を開発
横編機<SPL102CS>
1995年

世界で初めて、完全無縫製型のコンピュータ横編機<SWG>を開発しITMA展へ出展、次世代の横編機として高い評価を得る
コンピュータ横編機<SWG>

<SDS-HP3>をはじめとするデザインシステム4機種を開発
デザインシステム<SDS-HP3>

一枚裁ち生地自動裁断機<P-CAM160>を開発、販売開始
一枚裁ち生地自動裁断機<P-CAM160>

1996年

東京証券取引所市場第一部に上場

第18回繊研賞(繊研新聞社)を受賞

1997年 経営者賞(財界研究所)を受賞 世界初のスライドニードルを搭載したコンピュータ横編機<SWG-FIRST>を開発、OTEMAS展で発表し21世紀の横編機として高い評価を得る
コンピュータ横編機<SWG-FIRST>
1998年 山形営業所・福島営業所を開設
1999年

第19回毎日経済人賞(毎日新聞社)
第19回毎日経済人賞 第19回毎日経済人賞

工業所有権制度関係功労者賞表彰(特許庁)を受賞

第13回ITMA展(パリ)に無縫製型コンピュータ横編機SWG-V、SWG-X、SWG-FIRSTのラインアップを出品し、国際的に高い評価を得る
2000年

東京支店にコミュニケーションスペースを新設

大阪支店にコミュニケーションスペースを新設

CGデザインシステムの販売累計10,000台達成

All in Oneコンセプトのもと、新デザインシステム<SDS-ONE>を開発
デザインシステム<SDS-ONE>
2001年 イタリア・ミラノにデザインセンターを設立
2002年

創立40周年記念行事として、ファッションショー等を開催

毎日ファッション大賞・鯨岡阿美子賞(毎日新聞社)を受賞
毎日ファッション大賞・鯨岡阿美子賞

アパレルデザインシステムの設計及び製造に関するISO9001認証を取得
ISO9001認証

無製版型プリントシステム<SIP-100F>を発売
無製版型プリントシステム<SIP-100F>
2004年 繊研新聞社より繊研合繊賞・特別賞を受賞 ホールガーメント横編機<SWG021>、<SWG-X>の8ゲージと15ゲージ、インターシャ横編機<NewSES122Si>及び<NewSES123Si>、そして世界初の超ファインゲージ手袋編機<NewSFG>18ゲージを次々と発売
ホールガーメント横編機<SWG021> 超ファインゲージ手袋編機<NewSFG>18ゲージ コンピュータ横編機<NewSES-Si>
2005年

関西財界セミナー賞2005・大賞(関西経済連合会・関西経済同友会)を受賞
関西財界セミナー賞2005・大賞 関西財界セミナー賞2005・大賞

省エネ・省資源に配慮した最新鋭工場FA2号棟が竣工、太陽光発電設備の出力がグループ全体で1,130kWと全国有数の規模となる

デザイン・エクセレント・カンパニー賞((財)日本産業デザイン振興会)を受賞
デザイン・エクセレント・カンパニー賞

スライドニードルを搭載し、経糸挿入装置を備えたハイブリッドコンピュータ横編機<LAPIS>を開発
ハイブリッドコンピュータ横編機<LAPIS>
2006年

知財功労賞経済産業大臣表彰を受賞
知財功労賞経済産業大臣表彰 知財功労賞経済産業大臣表彰

ニューヨークにデザインセンターを開設
ニューヨークにデザインセンター

中国・香港に販売子会社 島精榮榮有限公司を設立

米国でのホールガーメント市場開拓を図るため、Nova Knits Inc.を傘下に
Nova Knits Inc.

イタリア・ミラノのShima-Orsi S.p.A.を傘下に、イタリア市場での直販体制を構築

コストパフォーマンスを向上させたワイドゲージ対応横編機<SSGシリーズ>、<SIGシリーズ>を開発
ワイドゲージ対応横編機<SSGシリーズ> ワイドゲージ対応横編機<SIGシリーズ>

5本指靴下編機<SPF-W>を発売
5本指靴下編機<SPF-W>

2007年

「無縫製コンピュータ横編機およびデザインシステムを活用したニット製品の高度生産方式の開発」により、第53回大河内記念生産特賞を受賞
第53回大河内記念生産特賞

中国国内の販売体制拡充のため島精榮榮(上海)貿易有限公司を設立
島精榮榮(上海)貿易有限公司

緑化優良工場等表彰 経済産業大臣賞を受賞
緑化優良工場等表彰 経済産業大臣賞 緑化優良工場等表彰 経済産業大臣賞

創立45周年記念ファッションショーを開催

ホールガーメントの立体表現を可能にした<SDS-ONE APEX>を開発
<SDS-ONE APEX>

生産性を向上させたホールガーメント横編機<MACH2X>、<MACH2S>を開発
ホールガーメント横編機<MACH2X> ホールガーメント横編機<MACH2S>

2008年

韓国・ソウルにShima Seiki Korea Inc.を設立

和歌山市内の複合商業施設に「ニット・ミュージアム」を開設

太田営業所を開設

東洋紡糸工業株式会社を設立

コンピュータ制御横編機100,000台販売達成

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が宇宙船内用日常服にホールガーメントを採用
宇宙船内用日常服

一枚裁ち自動革裁断機<P-CAM160L>を開発、販売開始
一枚裁ち自動革裁断機<P-CAM160L>

2009年

「ニットミュージアム」が「フュージョンミュージアム ニット×トーイ」としてリニューアルオープン

スペインでShima Seiki Spain, S.A.U.を、ポルトガルではShima Seiki Portugal LDA.を傘下に
Shima Seiki Spain, S.A.U. Shima Seiki Portugal LDA.

前年のミラノ、ローマ、ニューヨークにおけるホールガーメントファッションショーに続きJapan Fashion Week in TOKYOに参加、WHOLEGARMENT TOKYO 2009を開催

2010年

社長の島正博がイタリア大統領よりイタリア連帯の星勲章・コメンダトーレ章を授与

ホールガーメントが日本人宇宙飛行士・山崎直子さんの船内活動着として採用

生産性を向上させるとともにコンパクト化・省電力化にも成功したコンピュータ横編機<SSRシリーズ>を開発
コンピュータ横編機<SSRシリーズ>

2011年

コンピュータ横編機の輸出販売において100,000台達成

横編機の分野では世界で初めて21ゲージの編成を可能にした超ファインゲージコンピュータ横編機<SWG-FIRST154 S21>を開発
超ファインゲージコンピュータ横編機<SWG-FIRST154 S21>

シミュレーション機能の強化・高速化を図った<SDS-ONE APEX3>を開発
デザインシステム<SDS-ONE APEX3>

スライドニードルを搭載し、幅広い風合いのニット編成を可能にしたコンピュータ横編機<SCG122SN>を開発
コンピュータ横編機<SCG122SN>

2012年

ホールガーメント横編機の専用組立工場FA3号棟を竣工

島正博社長が米国繊維歴史博物館に殿堂入り

創立50周年を迎える

省電力化・省スペース化を実現し、MACH2Xのラインアップを強化したホールガーメント横編機<MACH2X123>を開発
ホールガーメント横編機<MACH2X123>

炭素繊維、複合素材などの産業資材に対応する自動裁断機<P-CAM120C>を開発
自動裁断機<P-CAM120C>

2013年

ループプレッサーベッドを搭載したコンピュータ横編機<SRY123LP>を開発
コンピュータ横編機<SRY123LP>

コンピュータ横編機<SVR>シリーズを開発
コンピュータ横編機<SVR>シリーズ

2014年

島正博社長が米国ドレクセル大学から名誉経営学博士号の称号を与えられる

インク循環脱気システムを搭載したインクジェットプリンティングマシン<SIP-160F3>を開発
インクジェットプリンティングマシン<SIP-160F3>

ホールガーメント横編機<SWG-N2>シリーズを開発
ホールガーメント横編機<SWG-N2>シリーズ

2015年

SHIMA SEIKI本社がISO14001認証を取得
ISO14001認証

世界初の可動型シンカー搭載4枚ベッドのホールガーメント横編機<MACH2XS>を発売
ホールガーメント横編機<MACH2XS>

ページの先頭へ戻る